この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sonic Lighter(iTunes)やOcarina(iTunes)などヒットアプリを生み出しているSonicMule。そんなSonicMule謹製アプリの中でも、ちょっと目立たないSonic Vox(iTunes)がバージョンアップしていたのでご紹介します。

こんなアプリ

まずはSonicMuleで公開されている動画をご覧下さい。今回のバージョンアップではライオンや赤ちゃん、ロボットなどに変換する機能も追加されました。    

入手方法

App Storeより入手できます。(115円) Sonic Vox(iTunes Store) ちなみに音声入力が必要なのでipod touch第一世代では利用できません。  

楽しむ環境

以下のいづれかのパターンがオススメです。
  • ヘッドホン(もしくは外部スピーカー)を装着して、iPhoneのマイクに向かって話しかける。
  • イヤホンマイクに話しかけて、iPhoneのスピーカーから聞く。 この場合はiPhoneスピーカーを使う設定をONにすると良いらしいです。
 

操作方法

マイクに向かって話しかけながら、画面上で指を左右にスライドするとピッチ(音の高低)、上下にスライドするとエコーの深さがコントロールできます。   声色を変えるには画面上部のアイコンをタッチします。ロボットが良い感じ。バージョンアップで声色選択が追加されました。  

雑感

Sonic Vox(iTunes)にはSonicMuleお得意の地球儀機能がありません。またニンテンドーDSiサウンドのように再生中の音楽をいじって遊ぶこともできません。せめて事前に録音したデータをいじれると面白いかもと思いました。他のアプリの評価が高いだけについ厳しい目で見ちゃいますが、115円のアプリとしては十分楽しめるんじゃないでしょうか。今後のアップデートにも期待したいと思います。   ちなみに公式サイトには「Sonic Voxの出力を、PCのマイクインに繋いで、Skapeで楽しむ」みたいなことが書いてありました。
このエントリーをはてなブックマークに追加