この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

英国でiPhoneのテレビCMが”また”姿を消したそうです。理由は「速度に関してのミスリード」だそうです。8月にはiPhoneのテレビCM、「誇大広告」の疑いで英国で放送禁止になんてこともありました。[via:Apple made to drop iPhone advert – BBC]

BBCによるとASA(イギリスの広告基準審査機関)は「iPhone 3GのTVCMにおけるWebサイトの表示が1秒以内とか速すぎるでしょ!」と言う17人の苦情を認めCMが放送禁止になったそうです。8月にはiPhoneのテレビCM、「誇大広告」の疑いで英国で放送禁止になこともあったので、大して気にしていなかったのですが…     確かに鬼のように速い… ここまでやっちゃうとミスリードしたと苦情言われてもしょうがないですね。 画面だけならまだしも”really fast!”を連呼しちゃ不味いでしょ。   次世代のiPhoneは是非この速度で御願いします。   日本のTVCMはiPhone 3G TV CM – Appleからどうぞ。(iPhoneからは動画閲覧不能。)   ipod touchのゲーム満載のCMが流れてから「ゲームをやらせろ!」って言われることが多くなった。ピアノの時は「ピアノやらせろ!」だったし…日本はそんな感じです。
このエントリーをはてなブックマークに追加