この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneのタッチパネルは静電式 (静電容量式)です。そのおかげで力をいれずに操作でき、マルチタッチができます。しかし、手袋をしてしまうと操作できないと言われています。これから本格的な冬を迎えることを考えるとキツイです。この記事ではその対処方法をご紹介します。

(無理矢理)体を活用する

Mac OS X Hintsに投稿された記事によると以下の方法が提案されていました。
  • 鼻を使う

     
  • 舌を使う

     
ご推察の通りスマートでないし、汚いです… でも、着信に出るだけなら鼻でも良いかも…ダメ?   ジェントルマンな貴方なら、その高貴な唇を使っても良いかもしれません。  

手袋を工夫する

次は手袋による方法を考えてみます。これもMac OS X Hintsに投稿された記事で紹介されていました。  

シンプルな手袋

他のサイトでも良く紹介されている商品ですね。これはシンプルで使いやすそうです。親指と人差し指に操作用の突起が付いています。ニット素材が15ドル、ウール素材が20ドル。日本で手軽に買えるところないでしょうか。
http://dotsgloves.com/  

高性能そうな手袋

Dots Glovesはシンプル過ぎるって方はこちら。定価は39.99ドルのようです。
http://www.tavoproducts.com/(Full Flash Site  

指が出せる手袋

素直に手袋外した方が早いのではと思ってしまいましたが… フリース素材が20ドル、皮素材が40ドル。うーん。
http://swissmiss.typepad.com/weblog/2008/10/freehands-iphon.html  

良く調べて見ると…

薄手の皮の手袋なら大丈夫だったよって方を発見! 手袋着用でのiPhoneオペレーション – パラSite☆イBlog   通電すれば良いわけですねぇ。 手袋選びの参考にさせていただきます。   後はタッチペンを使う方法もありますが…私は鞄の中に入れっぱなしになりそうなので辞めておきます。        お気に入りの手袋して、着信に出るだけなら鼻?、操作するなら寒いの覚悟かなぁ。  
このエントリーをはてなブックマークに追加