この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FOXで放送されているHell’s Kitchen(サバイバーの料理版的番組)をモチーフにしたiPhoneアプリで遊んでみました。管理人はお料理アクションパズルが大好物なのです。

アプリ概要

価格変動が激しめです。
アプリ名 Hell’s Kitchen
カテゴリ App Store > ゲーム
価格 600円(2009年3月2日現在)
世界のレビュー App Store Review Scraper
価格変動/更新履歴 AppShopper
Webサイト http://www.playhk.com/
 

遊んでみた

Hell’s Kitchenは一度も見たことないけど…買っちゃいました。Hell’s Kitchenはサバイバーの料理版のような、シェフのブートキャンプのような番組らしい。とにかく遊んでみます。起動すると怖いおっさん登場。(ゴードン・ラムゼーと言う有名シェフ。元サッカー選手で経営するレストラングループでは合計7つの星を持っているとのこと。)   ゲームモードはストリーモード的なCarrerと、ひたすら料理を作るArcadeの二つ。まずはCarrerモードで遊びます。全40ステージ?     ステージを選択すると”今日のレシピ”と”ステージ概要”が現れます。”今日のレシピ”は実際のレシピを確認できます。(取得したレシピはメニューから閲覧も可能。)     ホールとキッチンを行き来しながら、お客様を案内し、料理を作り、片づけるまでを遊ぶゲームらしい。怖いおっさんの横にある炎ゲージが少ない方が高得点となります。(料理提供などで減る。)     ゲームの流れは以下の通り。基本タップ操作です。 1.テーブルへ案内する。   2.オーダーを聞く   3.料理を作る。 料理自体は「材料を混ぜる->鍋へ入れる(ドラックする)->できたらホールへ」と簡単操作です。鍋の横の数字が料理ができるまでのタイマー、オーダー伝票が料理待ち数と、待っている時間(だんだん燃えていく…)を表します。   材料を混ぜる   鍋へいれる   できたらホールへ   4.料理を提供する。   5.片付ける。   6.規定されたお客を全てさばくとステージクリア。 おっさんが褒めたり、冷たい言葉をかけてくれます。   最初のうちは簡単極まりないのですが…ステージが進んでいくとお客も材料も増えていくのでパニクります。このパニクり感の中で最適な判断をくだす快感にゾクゾクします。     Arcardモードはただ料理を作っていくだけでした。ホールにも行きたいよ〜。   Creerモードのステージ数とArcardモードのゲームシステムに若干不満がありますが…お料理アクションパズルゲームが大好物なので楽しんでます。PCなら無料お料理アクションパズルゲーム(Flash)がたくさんありますが、iPhoneアプリでも増えないかなぁ。面白そうなのあれば是非教えてくださいませ。   Hell’s Kitchen(App Store)  
このエントリーをはてなブックマークに追加