この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

某おっぱいアプリはあえてのスルーをしたので比較はできませんが…1枚の画像から簡単にアニメーションが作れるPuppet Animetion(App Store)で遊んでみました。

輪郭が明確なイラストの方が綺麗なアニメーションになりますが…写真で遊んでも面白いアプリです。

アプリ概要

AppStoreで購入できます。230円です。
アプリ名 Puppet Animetion
カテゴリ App Store > エンターテインメント
価格 230円
世界のレビュー App Store Review Scraper
価格変動/更新履歴 AppShopper
販売業者 Daisuke Nogami
製品情報 公式サイト

こんなアプリ

写真もしくはイラストに、振り子・伸び縮み・拡大縮小など6つのパーツで動きを設定すると、簡単にアニメーションが作れるアプリです。iPhoneを振ったり、動きを設定した部分を指でいじると動きます。加速度センサーをオフにして繰り返し設定も可能です。作成したアニメーション画像はアプリ内に保存され、現時点では他へ送信したりはできません。以下の説明画像は公式サイト(null-null.net)のものです。とてもかわいらしく、わかりやすいので転載許可を賜わり、掲載させて頂きました。 公式サイトの説明がわかりやすいので、そのままお借りします。

遊んでみた

写真じゃ分りづらいので動画をどうぞ。

雑感

イラストの方が綺麗にアニメーションするんですが…絵心のない私はどうしても写真で遊びたくなります。写真だと多少違和感ありますが、ツールが6種類もあるのでいろいろ動かしているとキモ面白いです。   写真(イラスト)選びのコツは…ある程度動かしたい部分が大きい画像を用意することでしょうか。ツールの最小サイズが決まっているので、動かしたい部分が小さいと上手く作れません。アプリ内に画像の拡大機能が付いているともっとスムーズに遊べるかも。>開発者様       Puppet Animetion(App Store)  
このエントリーをはてなブックマークに追加