この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

softbank 3Gが圏外、公衆無線LANもない…
そんな時にemobileとWindowsXPを使ってiPhoneをネットに繋ぐ、
なんともニッチすぎる記事ですが参考まで。
(ipod touchも同じ方法で接続できます。)

必要なもの

  • 無線LANカード搭載のWindowsXP端末
    (今回はLet’s note CF-W5で実験)
  • emobileのデータ通信カード
    (今回はD01NXで実験)

設定方法

D01NXの接続をPCの無線LANカードを経由してiPhoneに共有してみます。

ダイアルアップ接続設定

D01NXに付属するEMOBILEユーティリティ経由では接続を共有できません。
[新しい接続ウィザード]からダイアルアップ接続を設定します。

[新しい接続ウィザード]-[インターネットに接続する]-[手動でセットアップ]-[ダイアルアップモデムを...]です。

まずはダイアルアップ接続でWindowsXPからネット接続できることを確認しましょう。

インターネット接続の共有を設定

先ほど設定したダイアルアップ接続のプロパティを開いて、
以下のようにインターネット接続の共有を設定します。


[ホームネットワーク接続]に無線LANカードがバインドしてある接続を指定します。
ここでは[ワイヤレス ネットワーク接続]となります。
この時点で[ワイヤレス ネットワーク接続]のIPアドレスが自動的に192.168.0.1に変更されます。
日常の無線LAN設定は事前にメモっておきましょう。

[ワイヤレス ネットワーク接続]の設定

次に[ワイヤレス ネットワーク接続]のプロパティを開きます。
[ワイヤレスネットワーク]タブから[優先ネットワーク::追加]を押下します。


すると↓の画面が開きます。

[SSID]に任意の文字列を指定します。ここではTESTとしています。
[キーは自動的]に提供されるをOFFにします。
[データ暗号化]をWEPにして、ネットワークキーに任意の文字列を指定します。(13文字)
(できるだけ推測されないような文字列を指定します。)
[これはコンピュータ相互...]をONにします。

これでWindows側の設定は終了です。

iPhone側の接続設定

んで、iPhone側に先ほど指定したSSIDやWEPキーを指定します。

接続できれば成功です。
使いどころはすくないかもしれませんが参考まで。
このエントリーをはてなブックマークに追加