この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ名長い…

メモリ解放アプリはMemory Status(iTunes:115円)を愛用させて頂いてましたが、ここ最近はSystem Activity Monitor with Free Memory and Battery Level(iTunes:350円)に浮気してます。

200円以上の差があるのですが…便利です。

アプリ概要

5/29追記
メモリー解放とバッテリーのパーセント表示だけが目的なら…
同作者のMemoryInfo with Free Memory and Battery Levelが115円とのこと!
下記公式サイトより確認ください。
(茶坊主さん Thanks!)

アプリ名
System Activity Monitor with Free Memory and Battery Level(App Store)
カテゴリ
ユーティリティ
価格
350円
販売業者
Recession Apps/JT Teh
製品情報
公式サイト
レビューしたバージョン
1.0

メモリ解放をサクッとできる。

起動直後の画面はこちら

メモリー状態とディスク状態を確認できます。なにより、1画面目に「Free Memory」があるのがお気に入りです。

Memory Statusには「Safariだけを終了できるメモリ解放(Level1)か、Safari・メール・ipodを終了できるメモリ解放(Level2)が選択できる」と言うアドバンテージはありますが….
「アプリ起動、FreeMemoryボタンをタップ」の2動作でメモリ解放ができるのはチリが積もれば的に便利です。

(Memory Statusは「アプリ起動、タブ切り替え、メモリ解放ボタンをタップ、確認メッセージでOK」の4動作)

メモリ解放に掛かる時間や解放される量については、条件によって双方とも掛かる時間や解放料が違うので…明らかな優劣は付けづらいです。
(内部的には違うのかもしれませんが…推測しきれません。)

確認できる情報が多い。

 

Memory Statusにはない項目として以下がありました。

  • ディスク容量の表示 … 1画面目なので目に入る。
  • CPU使用率の表示 … あまり見ない。
  • 無線LANのIPアドレス表示 … このアプリに任せるようになった。(JB時代はSBSettings)
  • UUIDなどの表示 … メール送信機能付き。今のところ活躍してないけど…
  • バッテリー残量の%表示 … JB休止後、確認が面倒に感じていたので役立ってます。

値段が高いかぁ

もちろんMemory Statusもランキング上位にいるだけあって魅力的なツールです。
ぱっと思い付くアドバンテージは…

  • 価格が安い … これは大きいなぁ。
  • メモリ解放レベルが選べる … 私はあまり意識してない。大抵の場合はSafari・メール・iPodを終了させるLevel2。
  • デザイン … グラフがアニメーションだったり作り込まれている印象。しかし、これはアイコン含めて好き嫌いの世界です。

Memory Statusは115円、System Activity Monitor with Free Memory and Battery Levelは350円。(2009年5月20日現在)

ただが200円、されど200円。やはり価格がネックになるかもしれません。

それでも「メモリ解放が少ない動作でできる。」、「バッテリー残量をパーセントで確認できる。」などオススメしたいアプリです。

以上、浮気報告でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加