この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「床屋にはゴルゴ13、技術屋にはO’Reilly本。いつものO’ReillyはiPhoneでも読めるんです。」って昨年末にiPhoneでO’Reilly本を読む 第2版を書きましたが、洋書・和書ともいつの間にか冊数が増えています。
って事で第3版です。[via:@idanbo氏のつぶやき]

目次

洋書を読む。

 

iPhoneアプリとして75冊の購入が可能。

App Storeを”O’Reilly Media, Inc.”で検索すると、先月末から大量にリリースされているようで、2009年8月23日現在75冊の書籍を購入することができます。

今回はMac OS X Leopard Pocket Guide(iTunes:¥350)を購入してみました。
ちょっと古い書籍ですがoreilly.comのカタログを見ると紙で14.99ドルするものですのでお得な価格設定ではないでしょうか。

ビューワーアプリが年末に書いた記事とちょっと違いますが、目次からジャンプ、全文検索、文字色/背景色設定ができる優れものです。
 

 

 

さらにこのビューワーアプリは英英辞書機能まで付いています。これはスゴイ!
(オンライン環境が必要な辞書です。辞書呼び出しはテキスト長押しで単語選択、Defineタップです。また文字列のコピペ方法は見あたりません。)
 

   

O’Reilly Ebook Storeで電子書籍を購入する。

O’Reilly Ebookでは、iPhoneでの読書も快適なEPUB形式やPDF形式で、より多数の電子書籍を購入することができます。
購入方法なんかはiPhoneでO’Reilly本を読む 第2版を参考にどうぞ。

iPhoneアプリ版でまだでていない書籍はもちろんですが、電子書籍版を購入すればEPUB形式、PDF形式とも手に入れることが可能です。(購入時は対応している電子書籍形式にご注意ください。PDF版だけ売られていることもあります。)
1冊の電子書籍購入でiPhoneでもPCで読むことができるのはお得。ちなみにPDF版はコピペもできます。

あれ?! 半年前に買った書籍の再ダウンロードができない…ダウンロード期間の制限などがあるのか聞いてみます。 問い合わせたら速攻で直してくれました。 ビバ!ティム・オライリー!

和書を読む。

O’Reilly Japan Ebook Storeは100冊に迫る勢い

2008年12月24日にオライリー・ジャパンがサービスを開始した電子書籍販売サイト『O’Reilly Japan Ebook Store』。
サービス開始当初は20冊程度だった書籍数も2009年08月24日現在では92冊と充実してきています。

形式・価格・決済方法

現在はPDF形式のみで、印刷、テキストのコピー、ページの抽出、内容の変更はできないようです。また、ページ欄外に購入者のメールアドレスが埋め込まれるとのこと。価格は紙の書籍の8割程度で購入でき、Paypal決済です。これらはサービス開始当初と変化がありません。

iPhoneでの閲覧は?

気になるのがO’Reilly Japanのトップページのこの画像。

iPhoneでO’Reilly本を読む 第2版でオライリー・ジャパンの方にどんな方法なのか聞いているのでご参考にどうぞ。

「iPhone*技術書を必要とする人」と規模が小さくてなかなか難しいかとは思いますが、検索やインデックス付きのiPhoneアプリ版としてリリースして欲しいですね。もしくはStanzaで読めるEPUB形式とか。

雑感

iPhoneアプリでO’Reilly本が読めると言っても技術書なので…電子書籍のランキングで元気なコスプレグラビアハーレクィーンの牙城を崩すようなものにはなるのは難しいかもしれません。しかし、いろいろ選べた方が楽しいのでさらなる電子書籍アプリの盛り上がりに期待です。

このエントリーをはてなブックマークに追加