この記事は2年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性が非常に高いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

eyecatch

私のメインマシンは「MacBook Air 11-inch,Mid 2012」(1.7GHz Core i5 / 8GB DDR3 / 256GB SSD)

パソコンは大体3年置きに買い替えているので、もう1年は頑張って欲しい。

本格的な夏に備えて、MacBook Airの内部を掃除してみました。

心配なら正規サービスプロバイダやApple Storeへ

作業は簡単。ただし、壊しちゃうかもと心配ならApple Storeや正規サービスプロバイダに頼むのが吉です。

必要なのは星型 1.2mmドライバー

MacBook Airの裏蓋をあけるには星型 1.2mmのドライバーが必要。私は「Macbook Air用 星型ドライバー 1.2mm」(Amazon)を使いました。
1

電源を切って裏蓋をあける

ACアダプタを抜いて、電源を切ったら裏蓋の10本のネジを外していきます。ネジは小さいのでなくさないように。
2

ホコリまみれ

全体的にホコリまみれ。大きなホコリの固まりも2つほどありました。
3

ファンの回りも汚い。
4

ダストブロワーで掃除

ダストブロワー」(Amazon)でホコリを吹き飛ばします。あんまりノズルを近づけすぎないように、内部にホコリを送り込まないように。
5

逆さにして冷却剤がでてくるタイプのエアダスターを使う場合は、冷却剤をMacにぶっかけないように。

もちろん内部には触らないように。そこまで神経質になる必要はないのかもですが、アイネックス 静電防止リストバンド SB-04(Amazon)など方法は何でもよいので静電気除去をしておくのも宜しいかと。せめてセーターとか着てるなら脱ぎましょう。あとクシャミ、咳しちゃうかもならマスク。私は半袖甚平、頭には手ぬぐい、リストバンドがいつものスタイル。

それなりにきれいになりました。
6

ネジをしめて完成です。

今年の夏も頑張ってもらいます。

ちなみにAppleのノートブックコンピュータが最適に動作する温度範囲は、10度~35度(Apple)だそうです。
7

このエントリーをはてなブックマークに追加