ASUS Chromebook Flip C101PAでVisual Studio Codeが”とりあえず起動した”のでメモ

Google I/O 2018で発表された「Chrome OSでのLinuxのサポート」。ビットコインで買ってきたボクのASUS Chromebook Flip C101PAでもバージョン:69.0.3473.0(Official Build) dev (32ビット)からLinuxが使えるようになりました。

これまでもChromebookにLinuxをインストールする方法はありましたが、それらはChrome OSのセキュリティをスポイルしてしまうものでした。しかし、今回の公式対応(Project Crostini)はその心配はないようです。せっかくLinuxが動くようになったので記念にVisual Studio Codeを起動させてみました。手順をメモしておきます。誰かの何かの参考になれば幸いです。

注意

  • 執筆時点ではC101PAをDevチャンネル(不安定な環境)にする必要があります。
  • Linux自体も不安定でいきなり落ちるし、VS Codeもとりあえず起動しただけ。現時点かつこのメモの手順だけでは実用には程遠いです。

C101PAをDevチャンネルに変更する

本記事執筆時点ではC101PAでLinuxを利用するには「Devチャンネル」に変更する必要があります。Devチャンネルは「新機能をいち早く公開することを優先しているので、不具合が発生することもあります。」とあるように一般の利用者が日常的に使うことを想定したものではありません。また、DevチャンネルからBataチャンネルもしくはStableチャンネルに戻すときにはPowerwash(データ全消し)が必要になることにも注意が必要です。チャンネルの切り替えについてはStable、Beta、Dev チャンネルを切り替える - Chromebookヘルプをご覧ください。

Linuxを使えるようにする

Linuxが使えるバージョンになると「設定」に「Linux(ベータ版)」が表示されます。「オンにする」をクリック。
C101PAにLinuxをインストール その1

「install」をクリック。
C101PAにLinuxをインストール その2

「Error installing Linux... The Linux container didn't start.Please try agein.」と表示されますが無視して「キャンセル」をクリック。
C101PAにLinuxをインストール その3

ランチャーに「Terminal」が追加されているのでクリック。初回起動時は10分程度待ちました。
C101PAにLinuxをインストール その4

uname -aの結果はこんなん

とりあえずNyancat

C101PAでNyancat

そしてテトリスクローン

C101PAでbastet

VS Codeをソースからビルドして起動する

さて、本題。Running VS Code on Linux - Visual Studio Codeの手順でインストールできるのはamd64(intel 64)アーキテクチャのみ。C101PAに搭載されたOP1はARM系のCPU。arm64アーキテクチャなのでソースからビルドが必要です。ARM系のCPUを搭載したNVIDIA Jetson TX2向けにビルドしているフォーラムのやりとりを参考にビルドしていきます。

なんとか起動しました。日本語入力できないし動作も不安定ですが、スクロールや入力といった基本操作にもたつきはありません。
C101PAでVS Code
C101PAでVS Code

ごちゃごちゃといじった後ではありますが結構ストレージを消費します(ホームディレクトリ以下はvscode 1.3GBを含む2.2GB使っています)。「ファイル」からLinuxのホームディレクトリに簡単にアクセスできるのは良いですね。
Linux(ベータ版)は結構ストレージを使いますね

以上、タイトル通り"とりあえず起動した"レベルですがメモを残しておきます。VS CodeやAtomが安定して動けばChrome OS上の定番テキストエディタ/Markdownエディタにもなり得るので期待が膨らみます。

ちなみに...Google I/O 2016では「Chrome OSでのAndroidアプリのサポート」が発表されました。それから2年経ちAndroidアプリはChromebookで"たしかに"動いています。電子書籍アプリの「Kindle」(Google Play)や二段階認証コード管理アプリの「Authy」(Google Play)などはボクも便利に使っています。しかし、ファイルの扱いが面倒だったり、エディタアプリを使っているときにCtrl+wで確認なしにアプリが終了したりと"中途半端"と言わざるを得ません。

Linuxが動くChromebookも徐々に増えていくようですが、Androidアプリと同じように中途半端にならないといいなぁ。

Return Top