GOODEGG.JP

『いい感じ!』(good egg!)なモノやコトをご紹介。
全力で。たまに。たぶん。

スリープ/スリープ解除ボタンはもう死語。iPhoneユーザガイドを読んで分かったコト 。

iPhoneには取扱説明書が添付されていませんが、アップル社のサポートサイトからiPhone ユーザガイド(iOS5)(PDF)を入手することができます。これがiPhoneの取説です。バイブルです。

今日はiOS5版のユーザガイド(PDF)とiOS4版のユーザガイド(PDF)を読み比べて、気付いたことを書いてみます。何か参考になる情報があれば幸いです。

なお、ユーザーガイドには、iPhoneからの閲覧に最適化されたhelp.apple.com/iphoneもあります。

目次

  1. 新しいユーザガイドはグッと薄くなりました
  2. 「スリープ/スリープ解除」ボタンが「オン/オフボタン」に
  3. ステータスバーに「Bluetoothの電池」が追加
  4. 株価の銘柄リストもiCloudで同期される
  5. アクセシビリティは超絶強化
  6. 機能制限に追加された「App内での購入にパスワードを要求する」
  7. iPhoneだけでも復元はできる
  8. iCouldにも、PCのiTunesにもバックアップを残せる

新しいユーザガイドはグッと薄くなりました

まずはざっくり目次を比べてみました。

iOS4版
iOS5版
章立て(基準)
ページ数
ページ数
章立て
目次
8
8
第1章:iPhone各部の説明
10
5
第1章:iPhone各部の説明
第2章:お使いになる前に
10
5
第2章:お使いになる前に
第3章:基本
23
19
第3章:基本
第4章:同期とファイル共有
8
3
第4章:Siri
第5章:電話
14
10
第5章:電話
第6章:メール
9
6
第6章:メール
第7章:Safari
6
3
第7章:Safari
第8章:iPod
15
6
第8章:ミュージック
第9章:SMS/MMS
5
3
第9章:メッセージ
第10章:カレンダー
7
3
第10章:カレンダー
第11章:写真
8
3
第11章:写真
第12章:カメラ
4
4
第12章:カメラ
第13章:YouTube
6
3
第13章:YouTube
第14章:株価
2
2
第14章:株価
第15章:マップ
9
4
第15章:マップ
第16章:天気
2
1
第16章:天気
第17章:メモ
3
2
第17章:メモ
第18章:時計
3
2
第18章:時計
3
第19章:リマインダー
第19章:計算機
3
1
第26章:計算機
第20章:コンパス
3
2
第27章:コンパス
第21章:ボイスメモ
4
2
第28章:ボイスメモ
第22章:iTunes Store
10
4
第21章:iTunes Store
1
第22章:Newsstand
第23章:App Store
6
3
第23章:App Store
第24章Game Center
6
3
第20章:Game Center
第25章:設定
26
10
第32章:設定
第26章:連絡先
6
3
第24章:連絡先
4
第25章:ビデオ
iPodがミュージックとビデオに分かれた
第27章:Nike+iPod
4
2
第29章:Nike+iPod
第28章:iBooks
6
5
第30章:iBooks
第29章:アクセシビリティ
18
15
第31章:アクセシビリティ
付録A:各国のキーボード
5
4
付録A:各国のキーボード
付録B:サポートおよびその他の情報
8
6
付録B:サポートおよびその他の情報
257
160

200個も新機能増えているのに、ページ数は100ページ近く減っています。

判型が変わっているなどページ数が減った理由はいくつかあるのですが、「iOS5版のユーザガイドは全体的にスリムに記述されている」ことが一番の理由だと思います。

iOS4版に記載されているTips的な部分は省きつつ、まとめられる記述はまとめてあると言った印象。余分な事が書いてないので、とっつきやすくなりました。

しかし、全体の情報量は相当減ってます。

たとえば計算機の説明。
画像左がiOS5版のユーザガイド、右がiOS4版です。

iPhone ユーザガイド(iOS4) p.154(PDF)には関数電卓のキー説明などがあるのですが...iPhone ユーザガイド(iOS5) p.114(PDF)からはごっそりなくなってます。

項目によっては、今後もiOS4版のユーザガイドが参考になるかもしれません。

↑目次へ

「スリープ/スリープ解除」ボタンが「オン/オフボタン」に

iPhone ユーザガイド(iOS4) p.9(PDF)
iPhone ユーザガイド(iOS5) p.9(PDF)

iOS4版では「スリープ/スリープ解除」と呼ばれていたボタンが…

iOS5版では「オン/オフボタン」になっています。

US版のユーザガイドも「On/Off Sleep/Wake Button」から「On/Off button」に変わってました。こっちの方がシンプルで良いですが、暫く呼び間違えそうです。

↑目次へ

ステータスバーに「Bluetoothの電池」が追加

iPhone ユーザガイド(iOS4) p.17(PDF)
iPhone ユーザガイド(iOS5) p.13(PDF)

iOS5版のユーザガイドには、ステータスバーのアイコンとして以下が追加されています。

iOS4版のユーザガイドには記載がなかったのですが、実はこれ初代iPhoneからできてたはず。
ユーザガイドに記載していなかっただけだと思います。

バッテリー残量をiPhoneから確認できる機器は以下の通り。

iPhone 4S(iOS5)でバッテリー残量表示確認済みとのこと
  

現在問い合わせ中
iPhone 4(iOS4)では表示できていた
   

iOS5が対応するBluetoothプロファイルについては、以下が参考になります。(と備忘メモ。)
iOS:対応している Bluetooth プロファイル - アップル
B018432 iOS 5.0 - profile - Bluetooth.org

ちなみにiPhone 4SはBluetooth 4.0+HSが搭載されているようです。
B018433 A1386 - Bluetooth.org
iPhone 4はBluetooth 2.1 + EDRでした。

↑目次へ

株価の銘柄リストもiCloudで同期される

iPhone ユーザガイド(iOS5) p.82(PDF)

iCloudを使ってiOSデバイスの銘柄を最新の状態に保つ

「設定」>「iCloud」>「書類とデータ」と選択し、「書類とデータ」(デフォルトでオン を最新の状態に保つ になっています)をオンにします。17 ページの「iCloud」を参照してください。

iOSデバイス間で銘柄リストを同期できるんですね。気付かなかった。

ただ、iPhone/iPod touchを複数台使っている方向けとかなりニッチな機能。
(ちなみにiPadには「株価」ありません。)

↑目次へ

アクセシビリティは超絶強化

iPhone ユーザガイド(iOS4) p.227(PDF)
iPhone ユーザガイド(iOS5) p.126(PDF)

iOS5では身体機能などをサポートするアクセシビリティ機能が、大幅に強化されました。身体機能のサポートとは関係なく使えるものも多数あります。

以下、iOS5で増えたアクセシビリティ機能

  • 通話オーディオに応答するデバイスの設定
    • 着信した通話のオーディオに応答するデバイスを、iPhoneレシーバーの代わりに自動的にヘッドセットまたはスピーカーフォンに切り替えることができる。
  • Siri
  • 選択項目の読み上げ
    • VoiceOverをオフにしていても、選択したテキストをiPhoneで読み上げることができる。テキストを選択して「読み上げ」をタップ。
  • モノラルオーディオ及びバランス
    • 左右のステレオチャンネルを統合する機能は前からありましたが、左右の音のバランスを切り替えられるように。
  • 補聴器サーポート(iPhone 4 GSM)
  • カスタムバイブ設定
    • これを「オン」にすると、連絡先の編集画面で個別にバイブ設定を選べるようになる。
  • LEDフラッシュ設定
    • 電話の着信やその他の通知音とあわせて、LEDフラッシュを点滅。ロックされているか、スリープ状態のときのみ使用可能。
  • AssistiveTouch
    • スリープ状態からの復帰以外のほとんどの操作を、1本指もしくはスタイラスで可能にする機能。

↑目次へ

機能制限に追加された「App内での購入にパスワードを要求する」

iPhone ユーザガイド(iOS4) p.195(PDF)
iPhone ユーザガイド(iOS5) p.149(PDF)

App Storeやアプリ内課金でApple IDとパスワードを認証すると、その後15分間は再度パスワードを入力することなくアプリを買えます。

まとめ買いに便利な機能ですが、ミスって購入しちゃったことも何度かあります...

iOS5では機能制限に「パスワードを要求」と言う項目が増え、「15分/即時」を選べるようになりました。これを「即時」とすれば、都度パスワードの入力を求められるようになります。

地味ですが操作ミス防止に効き目のある機能ですね。特にアプリ内課金を多用される方にオススメしたい設定です。

↑目次へ

iPhoneだけでも復元はできる

iPhone ユーザガイド(iOS5) p.157(PDF)

iCloudでのバックアップを備え、「PC Free」と言い放ったiOS5。

PC/MacのiTunesを使わないで、どうやってiPhoneを復元もしくは初期化するんだろうと思ってましたが...

「設定」→「一般」→「リセット」から「すべてのコンテンツと設定をリセット」を選べば良いとのことです。これはiOS4にもありましたね。

これを実施するとiPhoneが初期化されます。
んで、「設定アシスタント」でiCloudバックアップから復元ができます。PC Free!

ただし、iCloudには音楽、映画などはバックアップされません。
(iTunes Storeから買った音楽や映画の再ダウンロードは有料となります。)

音楽や映画は、PC/MacのiTunesから復元するしかないです。PC必須!
(iPhoneで購入したものは、PC/MacのiTunesに転送しておきましょう。さもないと復元出来ません。)

また、iOS5からiPhone単体でソフトウェアアップデートができるようになっていますが...iOS:iPhone、iPad、iPod touch をアップデートするにはをみると

一部の iOS アップデートは、OTA (Over The Air) では入手できません。
一部のアップデートでは、デバイスの復元が必要になる場合があります。

と言う記述があります。
実際どうなるか分かりませんが、OSアップデートのタイミングで情報が錯綜する予感。

PC Free/iCloudのみで運用している方は要注意です。

 

以下は上記に関連するアップルのサポート記事です。
iTunes:iOS ソフトウェアのバックアップ、アップデート、および復元
iOS:バックアップ方法
iTunes Store:アプリケーション内購入について ... アプリ内課金アイテムの再ダウンロード
iBooks:よくお問い合わせいただくご質問 (FAQ) ... iBooksのアイテムの再ダウンロード

App Store、iBookstore、iTunes Store で以前購入した項目をダウンロードする方法

自動ダウンロードや以前購入したミュージックとテレビ番組のダウンロードは米国でのみサポートされています。また、iPhone 4 (CDMA モデル) では iOS 5 以降が必要です。

↑目次へ

iCouldにも、PC/MacのiTunesにもバックアップを残せる

これはユーザガイドではなく、iOS:バックアップ方法を読んでて気付いたこと。

iCloudバックアップを選択すると、PC/MacのiTunesにはバックアップできないと思ってましたが...自動でバックアップされないだけで、手動バックアップはできるとのこと。

手動バックアップは...PC/MacのiTunesでiOSデバイスを右クリックして「バックアップ」を選択するだけ。

iCloudにも、PC/MacのiTunesにも、自動でバックアップしてくれると安心なのですが...それは無理みたいです。残念

↑目次へ

雑感

Spotlight検索の対象にメール本文が増えていたり、カレンダーのリストに検索機能が付いていたり、FaceTimeのサンプル画像が変わっていたり...変わっているところはまだまだありますが、今日はここまで!

↑目次へ

Return Top