GOODEGG.JP

『いい感じ!』(good egg!)なモノやコトをご紹介。
全力で。たまに。たぶん。

タブレットやPCからGALAXYスマホを操作できる「SideSync 3.0 」を試す

eyecatch_thin

GALAXYアンバサダープログラムのモニター企画で、GALAXY Tab S 10.5をお借りしています。

レビューをしている中で特に「ほぉ」と思った機能が「SideSync 3.0」。スマホからパソコンを操作するソフトはいくつか使ったことがありますが、タブレットやPCからスマホを操作するのははじめて。これは面白い。

操作される側(スマホ)

まずは操作されるスマートフォン側。「SideSync 3.0」に対応しているのは、GALAXY Note 3とGALAXY S5。GALAXY S4はあとからサポートされる予定のようです。対応端末をお持ちの方は「SideSync3.0」(Google Play/無料)をインストールしましょう。

操作する側(パソコン/タブレット)

続いては操作する側。Windows(XP/7/8)パソコンもしくはMacが使えます。昔はサムスン製のパソコンのみ対応だったようですが、3.0からメーカー問わず使えるようになったようです。

SideSyncのWebサイト」で動作条件を確認して、Windows版もしくはMac版のソフトをインストールしましょう。

また、SideSyncはパソコンからだけでなく、GALAXY Tab Sから使うことができます。

GALAXY Tab S 10.5からGALAXY Note 3を操作してみる

1.GALAXY Tab SとGALAXY Note 3を同じWi-Fiに接続する。
Wi-Fi Directを使うため、GALAXY Note 3がテザリングの親機の状態ではだめです。ここに注意。

2.GALAXY Note 3で「SideSync」を起動する。

3.GALAXY Tab Sで「SideSync」を起動して、デバイスリストからGALAXY Note 3を見つけてタップする。

すると、こんな風にスマホの画面がタブレットに表示されます。これが最大サイズ。
1

位置や画面サイズは調整できます。これが最小サイズ。
2

それでも邪魔なら隅に追いやることもできます。
3

横向き表示も可能です。
4

SideSync利用中は、スマホ本体の画面は表示されません。
5

スマホ本体の電源ボタンやホームボタンなどを押すと、スマホ本体の画面に表示が戻ります。その時、タブレット側はこんな感じの表示です。
6

「マルチウィンドウ」と併用するとたくさんのウィンドウを並べることができます。ここまでするなら素直にパソコンなのかもですが...
7

また、スマホでコピーした文字列を、タブレットに貼り付けることや、その逆も行えます。しかし、なぜかスマホ側で文字入力ができなかったり、できるようになったりよく分からない挙動をします。

気を取り直して...「マイファイル」でファイルをドラッグ&ドロップ転送できます。これは便利。
8

スマホに掛かってきた「電話」をタブレットで受けて、タブレットのマイクとスピーカーで会話することもできるとのことですが、通信専用SIMなので試せず。IP電話アプリSMARTalkを使ってみると...音声はスマホからしか鳴りません...

しかし、スマホでYouTubeを流すと、タブレットのスピーカーから音が鳴ります。よく分からない仕様です。

制限も中途半端。「カメラ」には制限をかけてあるようでSideSync経由で起動できないのですが、カメラアプリなら起動できてしまう...
9

テザリング親機になっているとそもそもSideSyncは使えないと言う制限や、使ってみないと何がどこまでできるか分からないと言った複雑さが残念ですが、とても面白い機能。今後のアップデートに期待です。

MacからGALAXY Note 3を操作してみる

Mac(もしくはPC)と接続するときはUSBケーブルでの接続もしくはWi-Fiでの接続が選べると言うことでしたが、OS X 10.9.4とSideSync3.0.1でWi-Fi接続が上手く行かず。。。以下、USB接続での手順です。

1.MacとGALAXY Note 3をUSBケーブルで接続する。

2.Macで「SideSync」を起動し、[接続]は[USB]を選択する。

3.GALAXY Note 3で「SideSync」を起動する。

すると、こんな感じで表示されます。
10

画面の拡大・縮小、移動、縦横変更などはGALAXY Tab Sに接続したとき同様自由に行えます。

Macで操作しているときGALAXY Note 3の画面は消え、GALAXY Note 3で操作しているときはMacには表示されません。ここもGALAXY Tab Sから接続している時と一緒。

Mac上のGALAXY Note 3は、Macのマウスとキーボードを使って操作ができます。文字のコピペもできるのは便利。
11

さらに[マイモバイルをブラウズ]を選択すると、、、
12

ファイルの転送も簡単に行えます。
13

なお、GALAXY Note 3で[マイファイル]を起動して、ドラッグ&ドロップでMacとファイル転送することも可能です。

ちなみにスマホのYoutubeで動画を再生すると、Macのスピーカーから音が鳴りました。IP電話アプリSMARTalkでは、GALAXY Note 3のスピーカーから音が鳴りました。ここら辺のよく分からない仕様もGALAXY Tab Sから接続した時と同じっぽいですね。

GALAXY Tab Sとの接続はWi-Fiのみとなり、GALAXY Note 3でテザリングをしているとSideSyncが起動しませんでした。しかし、Mac/PCとの接続であればUSBケーブルが使え、そのときはGALAXY Note 3でテザリングをしてても問題ありません。

Mac/PCの方が使い勝手ありそうですね。

宜しければこちらもどうぞ

GALAXY Tab S 10.5を使ってみた

GALAXY Tab S 10.5にPS3のコントローラーを接続して遊んでみた

Return Top